あきらめきれなかったレクサスへの想い

若い頃から、車が大好きで次の車はレクサスと夢を見て貯金をしてました。ですが、家族が増えたり、マイホームを造ったりと色々有りなかなか現実になることは有りませんでした。ですが、愛車が11年という歳月で足回りがボロボロになり入れ替えを考え出しました。ですが、家族が増えていき、ファミリーカーという選択肢しか有りませんでした。

探しても探してもいい車はあるんですが、予算がなかなか合わず諦めたりと色々ありました。ですが、家族はそれでいいかもしれませんが車が大好きな私からしたら地獄でした。見に行ったりしていても面白くなくイライラばかりして家族で喧嘩がたえませんでした。

私は、レクサスを諦めることができずに家族に黙って探していました。前から気になっていた販売店に電話して聞いてみたところ入庫したばかりの凄く程度のいいのがありますよと言う話をもらいました。担当の方からは1年に一回でるかの極上車だと言われました。そしてすぐに画像をもらい、家族に話しました。子供達と義母は反対しましたが、妻だけは了承してくれたのです。妻は、よく頑張って見つけたしよく諦めないでいたねと誉めてくれました。そして、販売店に電話して購入することにしました。家計のことを考えCT200にしました。私は、HSが良かったんですがなかなか良いものがでなかったので。

そして、無事に契約をし、納車されました。中古車ですが私は満足です。妻もレクサスに大満足で次もレクサスにしたいと言ってくれました。次は中古車出なく、ちゃんと新車を買えるくらいになりたいと新たな夢をもって毎日頑張っていきたいとおもいます。

トラックにくらべて一般車は運転しやすいと強く感じます

私は普段仕事で2トントラックを運転しているのですが、乗り始めは普通免許で乗れるだけあってそこまで違和感無く乗れるのですが、想像以上に難しいのがカーブやバックです。ちょっと長くなっただけだと思うかもしれませんが、そのちょっとが本当に難しいのです。とにかく普通車と同様に運転すると内輪差で後ろのタイヤを擦りますし、下手すると普通にぶつけます。

そしてトラックは後ろ以外にもサイドミラーがとにかく大きいです。大きな車体を見る為には仕方ないのかもしれませんが、とにかくサイドミラーとぶつけやすいのです。トラックを見てみると大体のトラックのサイドミラーにはぶつけた後があります。それくらい普通の車を運転するのとは感覚が全く違うのです。

私はトラックを運転してから普通車の運転がとても得意になりました。まずフロントミラーを見れるという事が私が普段運転しているトラックでは有り得ない事で、後ろの車をフロントミラーで見れるだけでこんなに便利だったのかと思うととてもありがたいと感じる様になります。バックをする時だって車の中から後ろをしっかりと見る事ができる普通車は実は本当に運転しやすいのです。普通車の中では運転しにくいといわれているハイエース等の車でさえトラックを運転した後では全く難しいとは思わないで快適に運転できます。

最初車を運転するなら軽が運転しやすいといいますが、今の私からしたら軽だろうとボックスカーだろうと全く違いを感じない位になりました。私は仕事ですのでトラックを使用していますが、荷物の量がそこまで無いのだとしたら運転もしやすくて濡れる心配も無いハイエース等の方が実は色々な面で優れているのではと最近思い始めました。
トラックに乗るまではこんな事は一切思わなかったのですけど、普通車の良さを離れた事で理解する事ができました。

妊活とそれに欠かせない睡眠について

最近、「妊活」という言葉をよく聞くようになりました。これは、今の社会の風潮として、晩婚化やそれに伴う高齢出産が増えていることによります。35歳以上の場合高齢出産となり、若い時と比べて、妊娠の確率が格段に下がるのです。また現代人の生活習慣が、妊娠に不向きな体を作ってしまうことも大きな要因となっています。

妊活の主な目的は、妊娠しやすい体作りと、そのための生活習慣の改善です。例えば、睡眠と妊娠には大きな関係があります。女性の体は、睡眠中に多くの成長ホルモンや女性ホルモンを分泌します。睡眠の質が低下すると、それら妊娠を助けてくれるホルモンが十分に供給されなくなり、妊娠しにくくなってしまうのです。では、どのような改善を図ったら良いでしょうか。

まず注目したいのが、夜10時から午前2時までの時間帯です。この時間帯に、成長ホルモンが最も活発に分泌されると言われています。それで、この時間に寝ることができればベストですが、どうしても難しい場合でも、早めに就寝するよう心がけることができます。また、眠るときの環境も、睡眠の質に大きく関係します。夏場なら、エアコンの設定温度に気を配って、心地良く眠れるようにしましょう。冬場であれば、就寝前に生姜湯など、体を温める効果のあるものを飲むのも良いかもしれません。

妊活は、自分の体を整える良い機会です。今すぐ妊娠したい人も、そうでない人も、今から妊娠しやすくなるサプリメントに目を向けて少しずつ改善を図っていきましょう。

最近の運転マナーについて思うこと

この数年、車を運転していて、運転マナーについて思うことがあります。

私は自動車運転歴32年です。郊外の住宅地に暮らしているので、車は生活の必需品です。私が免許を取ったころは、車が好きな若者も多く、好んでMTの車に乗っている人もいました。また、今ほど車自体の安全性と言われる装備も充実していなかったと思います。それでも、車を運転していてマナーが悪いなとかモラルが無いなと感じることは余りありませんでした。

それからしばらくして、AT専用の免許ができ、ABSやエアバックが当たり前のようになったころからか、車を運転していて、どうしてと感じることが多くなってきました。具体的に言うと、自分勝手すぎる運転の人が多くなったと思います。

道が狭い場所でも構わず駐停車したり、譲りあう気持ちが無くいつでも進んでくる人が多いのです。ちょっと気をつかって、道が狭いところではなく、ちょっと広くなった所に駐停車をすればいいことだし、相手が進んでくるのか待ってくれるのか、ちょっと様子を見てから動けばいいことだし、相手が待ってくれているならば、ありがとうと軽く合図してあげれば、普通に気持ちよく運転できることができなくなっているのです。

車のせいにする訳ではありませんが、道具が進歩した分、使い手のモラル、能力が低下している気がします。車がATになり性能が向上したので、だれでも坂道発進に苦労が無くなりました。確かに坂道発進のドキドキヒヤヒヤはありません。でも、相手を坂道で待たせることに何の抵抗も持たなくなってしまったのです。

道具が進歩することは素晴らしいことです。いつでも誰でも車の運転ができる、だから相手が坂道で待とうが何の問題もないでしょ。と言うことになっているように感じます。ドライバーの皆さん、もう一度、車が今より少し不便だったことを思い出して、周りの人に優しい運転を心がけましょう。

ブリザック史上最強のスタッドレスはVRX

ブリザックVRXはトレッド面剛性が高く、雪や氷の上だけでなくドライ路面でも走りやすい、そんな冬道オールラウンドなスタッドレスタイヤです。

ブリジストンのブリザックといえば、優れた氷雪上性能で定評を得ていますが、その性能を成しているのが「アクティブ発泡ゴム」「新・非対称パターン」「新・非対称サイド形状」という3つの技術です。

アクティブ発泡ゴムは同社独自の技術である発泡ゴムの最新進化版。

長く大きな水路(気泡)の内面に親水コーティングを施し、ゴムの吸水性能を向上させています。

そのため、タイヤが凍結した路面と密着しやすくなり、高レベルのグリップ性能を発揮するのです。

新・非対称パターンは、アウト側で雪道でのトラクション性能を、イン側で氷上でのグリップ性能・ひっかき性能を重視したデザイン。

一言で冬道といっても、そこにはさまざまな走行シーンがあるものです。

そのため、あらゆる場面で、有効な場所に適切なトレッドパターンを配置することで、氷雪上性能を引き上げているのです。

新・非対称サイド形状にすることで、雪道でのボディのふらつきを抑えてくれます。

これはエコピアPZ-XとREVO GZのサイドウォール形状をハイブリッドさせた、新設計の技術になります。

ブリザックVRXを装着した車両に乗ってみて印象的なのは、やはり氷盤道路でのグリップ感の確かさです。

また、発進加速やブレーキを踏む場面では、引っかき感やエッジ感を感じることができ、しっかりと路面を捉えてコントロールされているのを体感できます。

直進時の中立感も十分で、ハンドルの切り始めの応答もきちんと実感できることから、その安心感は高いものがあります。

最新型シボレーカマロはトランスフォーマーのバンブルビーの新たな姿

今年2017年初夏に公開された人気映画シリーズ「トランスフォーマー」の最新作「ラスト・ナイツ(仮)」。シリーズを通じて登場している人気キャラクターであり、正義と自由を愛する種族オートボットの一員である「バンブルビー」はこれまでは2007年にコンセプトモデルが発表され、2009年に販売開始された5代目シボレー・カマロに変身していましたが、最新作では2015年に発表された最新型の6代目カマロに変身します。

最新型カマロはまだ日本市場への導入は未定ですが、先代をさらにシャープに研ぎ澄ましたかのような切れ味のよいスタイリングを採用、鋭い眼光を放つヘッドライトが獰猛な野獣のような眼差しを魅せています。エンジンは先代にも採用されていた3.6L・V型6気筒と6.2L・V型8気筒の他に、新開発のダウンサイジングを施した2.0L直列4気筒直噴ターボエンジンが導入されています。駆動方式はFRで、トランスミッションは8速オートマチックの他にも6速マニュアルを採用しています。カマロ史上初となるターボエンジンは、大排気量エンジンに引けを取らないハイパワーと豊かなトルクをもたらしています。

ボディタイプは通常の2ドアクーペの他にも、歴代モデル同様にオープンカー仕様の2ドアコンバーチブルもラインナップしています。新規設計のボディには至る所にアルミニウムが採用され、剛性を高めるとともに先代よりも約90kgの軽量化に成功しています。ボディサイズも先代よりスリム化され、軽量ボディと軽量エンジンの組み合わせにより、今までのアメ車のイメージを大きく塗り替えるキビキビとした軽快な走りを実現しています。

車内インテリアデザインは直線と流線形を組み合わせたアグレッシブなスタイルで、本革巻きステアリングホイールに本革シートを採用しています。インパネ中央の大型ディスプレイはBluetoothやUSB接続でお手持ちのスマートフォンとリンクさせることが可能で、スマホ専用アプリによりエンジンのリモートスタート/ストップや遠隔でのキーロックなども可能です。

タントに5年乗ってみての感想 軽自動車を短期間で酷使した結果

私は5年前に初めて中古車を購入しました。若くして子供ができ、経済的な負担を考え軽自動車(タントカスタム)を購入しました。

当時車についての興味や知識がほとんどありませんでした。知人がタントに乗っており、載せてもらった際に軽自動車なのに社内が広かったことや、エクステリアが気に入ったので、ネットで探し中古車ショップへ行き、
即日購入を決めました。

当時の走行距離は3,9万キロであり、金額は諸経費含め95万円でした(年式はH19年)。保険についてもどうしていいかわからず、その場で損保ジャパンのものに加入しました。

また帰り道、ターボ車の加速により、軽自動車ながらスピードが出たことがうれしく帰宅したことを鮮明に覚えています。

所有する車は1台で、子供が産まれたタイミングで購入したので、近場のお出かけや旅行など、いつも使用しています。年の走行距離は10,000~15,000キロで、燃費は高速11キロ、街乗りでは8キロくらいです。購入から1年くらいは特段問題なく使用していました。

2年目以降は不運が続き、大雪の日に軽い事故を起こしてしまう、ドアをぶつけてしまう、飛び石でフロントガラスにヒビが入ってしまう等、想定外の出費がかさみました。また、車について興味が出始めたころ、ターボ車で燃費が良くないことが気になったり、山道ではほとんどスピードがでないことが気になり始めました。

走行距離が80,000キロを超えると、フォグランプの片側が付かなくなることや、ターボの故障、エンジンの不具合など、軽自動車を短期間で酷使した影響が出てきました。それに伴い家計へのダメージは想定以上でした。

また来年車検を控えておりますが、タイヤの買い替えも行わなければいけず車の乗換も検討している状況です。ただ修理に大きな費用をかけてきたことや、子供が産まれたタイミングで購入し愛着があること、エクステリアやインテリアが気に入っているなどの理由で、新しい車の購入をすべきか否か毎日悩んでおります。

初めてのマイカー購入だったので何もわからない状況でしたが、次回購入時はネットやカタログから、車についてよく勉強してから購入しようと思います。

ネットオークションで中古車を買うメリットとデメリット

中古車の買い方で、ネットオークションを利用するという方法があります。

ネットオークションは、中古車販売のショップが出していたり、個人の方が出している場合もあります。

ネットオークションは、写真や言葉で車の状態を表現しています。

できるだけわかりやすく表示はされています。

しかし、メリットとデメリットがあります。

メリットは、安く買えることです。

中古車販売のお店では、広い保管場所が必要になるために経費が掛かります。

ネット上での掲載なので経費を安くできるために、購入者にとってはメリットになります。

また、欲しい車があるかどうかは、ネット環境が整っていればどこにいても確認することができます。

車種や色だけでなく、走行距離や事故の経歴、オプションなどもわかります。

全国の車を確認できるので、遠方でも購入が可能です。

デメリットは、車の状態がわかりにくいことです。

細かな傷は表示されないことが多く、エンジンの中の状態まで確認はできません。

車の不具合がないかどうかは、整備士がしているかどうかは車によって変わってきます。

また、所有者が変わっている場合は、車の状態を詳しく知ることができません。

細かなことが気になる方にはおすすめできません。

禁煙となっていても、灰皿に吸い殻が残っていることもあるからです。

ネットオークションは、個人で出品されていることも多いです。

個人間の取引になるので、お互いに金額が納得できれば購入しやすくなります。

売る側が金額を設定するので、早く売りたい場合や金額にこだわらない方はかなり安くなっています。

反対に車の状態よりも、高く売ろうと必死になっていることもあるので、購入の際にはきちんと判断しなければなりません。

中古車なので、タイヤ交換やバッテリーの交換など、新車に比べると交換時期は早くなります。

車本体は安くても、維持費が高くなることは考えておかなくてはなりません。

出品地が遠くなければ、実際に見てから購入するかどうか決めることができる場合もあります。

大満足で乗っているトヨタのミニバン

マイカーを買い換えて、もう1年半。今まで乗ってきた車もそれなりに満足はしていたものの、どこか不満点が1つ2つはるものでした。しかし、今回の車については、全くと言っていいほど不満点がありません。

乗っている車は、トヨタのウィッシュという車です。ウィッシュはミニバンタイプで1800ccの排気量で、7人乗りです。この車はモデルでチェンジしてから、2世代目となるのですが、すでに7、8年経っていると思います。それでも、現行タイプでも、根強い人気のある車なのです。

2016-11-21_103654

ハイブリッド車タイプはなく、ガソリン車しかないのですが、燃費はかなり伸びます。乗り換える前もミニバンに乗っていたのですが、リッターあたり、7~8km。高速走行でも12Km程度だったものが、ウィッシュでは街中では12~13km、高速では16Kmまで伸びます。

また、ミニバンの割には車高が比較的に低いので、とても早く走ることができます。高速走行では加速感がそれなりにあって、追い越しをする時でもストレスなく走れます。それでいて、しっかりと7人乗りをキープしていますから、5人家族の私の家庭では、ゆったりと座れて移動することができるのです。

また、車内のシートは倒して、フルフラットにすることができます。これだと車内にマットを敷いて、ゆったりと休憩することもできますので、長距離移動中の仮眠やアウトドアでも、充分に活用性のある車です。

一方で、ミニバンの割りには、小回りが効くので、住宅街や路地裏の狭い道路でも通り抜けに苦労することは少ないと思います。ナビシステムも当然、充実しており、きちんとドライブアシストをしてくれます。

このように豊富な機能・性能を持ちながら、車両価格は200万円とコストパフォーマンスの高い車であることは間違いありません。

次に買う車はアウディか、フォルクスワーゲンパサート

今乗っている車は、フォルクスワーゲンのゴルフです。これはこれで、非常に燃費もよく、エンジンのパワーもあり、デザインも華美ではなく、非常に気に入っています。ですので、次の車検くらいまでは乗るつもりでいますが、そのあとは乗り換えようと思っています。

乗り換える候補の車は、アウディか同じくフォルクスワーゲンのパサートにしようと思っています。ゴルフも全く悪くないのですが、いかんせん唯一のネックは、自分が乗っていながら「これはいわゆる大衆車だよね」と思うところです。もちろん私は、「一般大衆」の1人なので、その人間が乗るうえにおいては、分相応ではあるのですが、一応自分の生活ポリシーとしては、「上級で上品で華美に走らないものを、高くても購入して長く大切に使う」ということなので、時計や服などもすべてそういう観点で選んでいます。そうなると、ゴルフはちょっと上級という部分で劣るのです。いやらしい言い方ですが、実は小さな会社を経営しているので、そのポジションにふさわしいかどうかというところでも悩む部分はあります。

2016-07-31_161937

そういう意味で、同じドイツ車でちょっとゴルフより格が上の車に乗ろうかと思っているわけです。とはいえ、ベンツやBMGは、私の価値観で言うと、ちょっと贅沢で華美なので、対象に入りません。アウディやパサートクラスがちょうどいいのです。と書くと、その2つの車種を貶めるようですが、十分に内装なども派手ではなくて豪華ですし、外装も高級感があり、ポジションにふさわしい感じがします。何より、それを社員に見せることによって、頑張ればあれくらいの車には乗ることができるんだ、と思わせることができるのもメリットです。

また、今乗っているゴルフのエンジンが、小さなエンジンにターボを積んでパワーと燃費の両立を図っている、というもので、それも気に入っている部分なので、そのフォルクスワーゲンの上級車と、同じ系列のアウディを考えているわけです。

>>猫の飲み水