最近の運転マナーについて思うこと

この数年、車を運転していて、運転マナーについて思うことがあります。

私は自動車運転歴32年です。郊外の住宅地に暮らしているので、車は生活の必需品です。私が免許を取ったころは、車が好きな若者も多く、好んでMTの車に乗っている人もいました。また、今ほど車自体の安全性と言われる装備も充実していなかったと思います。それでも、車を運転していてマナーが悪いなとかモラルが無いなと感じることは余りありませんでした。

それからしばらくして、AT専用の免許ができ、ABSやエアバックが当たり前のようになったころからか、車を運転していて、どうしてと感じることが多くなってきました。具体的に言うと、自分勝手すぎる運転の人が多くなったと思います。

道が狭い場所でも構わず駐停車したり、譲りあう気持ちが無くいつでも進んでくる人が多いのです。ちょっと気をつかって、道が狭いところではなく、ちょっと広くなった所に駐停車をすればいいことだし、相手が進んでくるのか待ってくれるのか、ちょっと様子を見てから動けばいいことだし、相手が待ってくれているならば、ありがとうと軽く合図してあげれば、普通に気持ちよく運転できることができなくなっているのです。

車のせいにする訳ではありませんが、道具が進歩した分、使い手のモラル、能力が低下している気がします。車がATになり性能が向上したので、だれでも坂道発進に苦労が無くなりました。確かに坂道発進のドキドキヒヤヒヤはありません。でも、相手を坂道で待たせることに何の抵抗も持たなくなってしまったのです。

道具が進歩することは素晴らしいことです。いつでも誰でも車の運転ができる、だから相手が坂道で待とうが何の問題もないでしょ。と言うことになっているように感じます。ドライバーの皆さん、もう一度、車が今より少し不便だったことを思い出して、周りの人に優しい運転を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です