ブリザック史上最強のスタッドレスはVRX

ブリザックVRXはトレッド面剛性が高く、雪や氷の上だけでなくドライ路面でも走りやすい、そんな冬道オールラウンドなスタッドレスタイヤです。

ブリジストンのブリザックといえば、優れた氷雪上性能で定評を得ていますが、その性能を成しているのが「アクティブ発泡ゴム」「新・非対称パターン」「新・非対称サイド形状」という3つの技術です。

アクティブ発泡ゴムは同社独自の技術である発泡ゴムの最新進化版。

長く大きな水路(気泡)の内面に親水コーティングを施し、ゴムの吸水性能を向上させています。

そのため、タイヤが凍結した路面と密着しやすくなり、高レベルのグリップ性能を発揮するのです。

新・非対称パターンは、アウト側で雪道でのトラクション性能を、イン側で氷上でのグリップ性能・ひっかき性能を重視したデザイン。

一言で冬道といっても、そこにはさまざまな走行シーンがあるものです。

そのため、あらゆる場面で、有効な場所に適切なトレッドパターンを配置することで、氷雪上性能を引き上げているのです。

新・非対称サイド形状にすることで、雪道でのボディのふらつきを抑えてくれます。

これはエコピアPZ-XとREVO GZのサイドウォール形状をハイブリッドさせた、新設計の技術になります。

ブリザックVRXを装着した車両に乗ってみて印象的なのは、やはり氷盤道路でのグリップ感の確かさです。

また、発進加速やブレーキを踏む場面では、引っかき感やエッジ感を感じることができ、しっかりと路面を捉えてコントロールされているのを体感できます。

直進時の中立感も十分で、ハンドルの切り始めの応答もきちんと実感できることから、その安心感は高いものがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です