タントに5年乗ってみての感想 軽自動車を短期間で酷使した結果

私は5年前に初めて中古車を購入しました。若くして子供ができ、経済的な負担を考え軽自動車(タントカスタム)を購入しました。

当時車についての興味や知識がほとんどありませんでした。知人がタントに乗っており、載せてもらった際に軽自動車なのに社内が広かったことや、エクステリアが気に入ったので、ネットで探し中古車ショップへ行き、
即日購入を決めました。

当時の走行距離は3,9万キロであり、金額は諸経費含め95万円でした(年式はH19年)。保険についてもどうしていいかわからず、その場で損保ジャパンのものに加入しました。

また帰り道、ターボ車の加速により、軽自動車ながらスピードが出たことがうれしく帰宅したことを鮮明に覚えています。

所有する車は1台で、子供が産まれたタイミングで購入したので、近場のお出かけや旅行など、いつも使用しています。年の走行距離は10,000~15,000キロで、燃費は高速11キロ、街乗りでは8キロくらいです。購入から1年くらいは特段問題なく使用していました。

2年目以降は不運が続き、大雪の日に軽い事故を起こしてしまう、ドアをぶつけてしまう、飛び石でフロントガラスにヒビが入ってしまう等、想定外の出費がかさみました。また、車について興味が出始めたころ、ターボ車で燃費が良くないことが気になったり、山道ではほとんどスピードがでないことが気になり始めました。

走行距離が80,000キロを超えると、フォグランプの片側が付かなくなることや、ターボの故障、エンジンの不具合など、軽自動車を短期間で酷使した影響が出てきました。それに伴い家計へのダメージは想定以上でした。

また来年車検を控えておりますが、タイヤの買い替えも行わなければいけず車の乗換も検討している状況です。ただ修理に大きな費用をかけてきたことや、子供が産まれたタイミングで購入し愛着があること、エクステリアやインテリアが気に入っているなどの理由で、新しい車の購入をすべきか否か毎日悩んでおります。

初めてのマイカー購入だったので何もわからない状況でしたが、次回購入時はネットやカタログから、車についてよく勉強してから購入しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です